キャバクラと言われると、お店で女の子が男性の接客をしているだけ、というイメージを持っている方も多いと思いますが、実は系座的にみてみると非常に大きな役割を果たしているのはご存じでしょうか。

夜の世界の経済効果

夜の世界と言えばキャバクラやホストクラブといったものが代表として知られていますが、そこで生みだされている経済効果は非常に大きいものです。

それこそ零細企業よりもこういったお店の方がかなりの売り上げを起こしていることは直ぐにおわかりいただけるのではないかと思います。

また、日本全体の経済を見てみると、消費の落ち込みに伴い、生産力の低下なども発生していることは明らかですが、こういった夜の世界には未だ大きな影響は表れていません。

むしろGDP上昇に一役買っているといっても過言ではないのです。


日本経済の一旦を担っている!?

サービスを元に、お店の価値を作り出し、大きな売り上げを作り出す。その資本を元に新たな出店も可能ですし、そうすれば雇用する為の人材も必要になります。

お店作りに必要な資材も全て購入することになるので、消費にも雇用にも一役買っていることになりますよね。

また、キャバクラは企業等の接待にも重要な役割を担っています。

こういったお店の接待一つで取引が左右されることもあるのです。

そう考えると、キャバクラという存在は日本にとって必要不可欠なのではないかとも思います。

日本経済の一旦をこの業界が担っていることは明らかなのですから。